UVケアの怖いところ

季節がら UVケアがマストな毎日。

紫外線は本当に油断できません。
朝起きたらまずUV と言いきっていいと思います。

シミってのはイメージとしては
皮膚の下にシミゲージがたまっていく感じです。

今、今日のところは大丈夫だとしても
紫外線の元に素肌をさらしたダメージは確実に
蓄積されます。

そしてできるときは本当に一瞬にしてできます。
たとえて言うなら
15分お散歩にでかけて、出かける時にはなかったシミが
帰宅後できていることもあるそうです。
これは、その15分の散歩だけが悪いわけではなく
皮膚下にたまったシミゲージがその散歩のタイミングで
満タンになったことが原因なんだとか。

最近のUVはさらっと着け心地がよいものも多いので
毎日かかさずにつけるのが吉です。

でも、UVケアにおいて、もう一つ気を付けたいことがあります。
それはUVクリームそのものによるダメージの蓄積。

私の場合 たとえば素肌+UVジェル みたいな組み合わせで
一日過ごした日(自分としては肌休日みたいなオフのシチュエーション)は
オイルクレンジングを行います。

え?ファンデもつけてないのにオイル?と思うかもしれませんが
UVクリームってのはそのくらい肌に残りやすいものなんです。

毎日つけて、毎日落とし切る。これがUVのマイルールです!

0 thoughts on “UVケアの怖いところ”

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

次のHTML タグと属性が使えます: <a href="" title=""> <abbr title=""> <acronym title=""> <b> <blockquote cite=""> <cite> <code> <del datetime=""> <em> <i> <q cite=""> <strike> <strong>