脱毛失敗!?埋没毛はなぜ発生するのか!?

夏が近づくと肌を露出する服を選ぶことが多くなり、慌てて脱毛を始める人もいるのではないでしょうか?
脱毛サロンや美容クリニックなどでレーザーによる脱毛を受ける人もいるようですが、多くの女性が自宅で簡単にできる脱毛方法を選んでいるようです。
自分で簡単に脱毛できるグッズが色々ありますが、やはりプロが行う脱毛とは違いトラブルが起こる場合も多いようで、どちらを選ぶのか迷ってしまうはずです。
自分でできる脱毛方法はいくつかあるのですが・・・
・剃刀で定期的に剃る
・脱毛器を使って抜く
・毛抜きで一本ずつ抜く
・自宅用レーザーを使う・・・
今まで脱毛サロンでしかできなかったことが自宅で簡単にできるようになったのはありがたいのですが、使い方がいまいち分からなかったり痛みがあったり、思うように脱毛ができないなど、それなりに大変な面もあります。

また一番多いトラブルが自己処理によって起こる埋没毛で、黒い点のように見えるのですが実はそこには毛が埋まっているのです。
それをほじってみると分かるのですが、意外と長い毛が折れ曲がって埋まっている状態で、放置すると炎症を起こすこともあるので注意が必要なのです。
自分で毛を処理することによって毛穴の表面が傷つきやすくなり、その傷ついた部分が癒着してふさがってしまい本来外に出るはずの毛が行き場を失って中で曲がったままになってしまうのです。
剃刀や毛抜き、脱毛器などで深剃りや毛の方向とは逆に引き抜くことで埋没毛が出来やすくなると言われています。
ですから、自分で脱毛する場合は毛の向きをきちんと確認し逆らわないように行い、処理後には肌をクールダウンしクリームなどで整えると埋没毛が出来難いようです。

埋没毛は自然に治ることも多いのですが、気になってハリや毛抜きでほじって無理やり抜く人もいるようです。
こうするとは肌が傷つくだけではなく色素沈着を起こし、その部分だけが黒いままになってしまうことがあり、脇やビキニラインは特に目立つので無理に抜くのはやめておいた方が無難です。
酷い場合は早急に皮膚科を受診し跡が残らないように治療を受けることをお勧めします。

このようなトラブルがあると肌をきれいに見せようと脱毛しても逆に汚い肌になってしまう事があります。
出来ればこのようなことがないように、脱毛はプロが行ってくれる脱毛サロンに通う方が良いのかもしれません。

0 thoughts on “脱毛失敗!?埋没毛はなぜ発生するのか!?”

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

次のHTML タグと属性が使えます: <a href="" title=""> <abbr title=""> <acronym title=""> <b> <blockquote cite=""> <cite> <code> <del datetime=""> <em> <i> <q cite=""> <strike> <strong>